windows10でsonnet12など古い製品版を使う方法

トップ/ サポート/ tips/ windows10でsonnet12など古い製品版を使う方法

2020/9/16 石飛

症状

ライセンスが得られない.Sonnet Task Barの[Admin][lmtools]を選ぶとこのアプリケーションは保護のためにブロックされましたといわれlmtoolsすら起動しない.

原因

対処

license managerだけをwindows10に対応した新しいバージョンに入れ替える.それに応じてライセンス関係の設定を変更する.

具体的な操作

windows10上にsonnet12をインストールする.

通常の方法でインストーラー setup_sonnet12563.exeをwindows10上で実行し,sonnetをインストールする.

ライセンスマネージャーの更新

  1. sonnet usaのダウンロードサイト(パスワード:technology)からライセンスマネージャ Sonnet License Manager 11.16.2.1 For Windows (All Versions)をダウンロードする.
  2. ダウンロードしたファイルはzipで圧縮されているので展開する.sonnetd.exe,lmtools.exe,lmgrd.exeの3つが現れる.lmgrd.exesonnetd.exeにライセンスを発行し,sonnetd.exeがsonnetの各プログラムにライセンスを発行する.lmtools.exeはこれらの設定や状態をモニターするプログラムである.
  3. sonnetd.exe,lmtools.exe,lmgrd.exeを古いバージョンに上書きする.これらの古いライセンスマネージャは,たとえばc:¥Program files(x86)¥sonnet.12.56.3¥bin¥にある(それぞれの環境やバージョンによって異なる場合がある).

ライセンスファイルの読み込み

Sonnet Task Barの[Admin][license...]でsonnetusaからメールで届いたライセンスファイルを指定する.これにより,メールで届いたライセンスファイルは,それぞれの環境に応じて少し修正された後に,たとえば c:¥Program files(x86)¥sonnet.12.56.3¥licenses¥sonnet.licに置かれる(それぞれの環境やバージョンによって異なる場合がある).

ライセンスマネージャーの設定

  1. Sonnet Task Barの[Admin][lmtools]を選ぶ.
  2. [config services]タブを選ぶ
  3. path to the lmgrd.exeにたとえばc:¥Program files(x86)¥sonnet.12.56.3¥bin¥lmgrd.exe(それぞれの環境やバージョンによって異なる場合がある)を指定する
  4. path to the licenseにおそらくc:¥Program files(x86)¥sonnet.12.56.3¥licenses¥sonnet.lic(それぞれの環境やバージョンによって異なる場合がある)を指定する
  5. [start server at power up]と[Use services]にチェックを入れる
  6. [Save Services]ボタンをクリックする
  7. [Service name]を覚えておく

ライセンスサーバーの起動

  1. lmtoolsの[Start/Stop/Reread]タブを選ぶ
  2. 上記の[Service name]を選択し,[Start Server]をクリックする.

ライセンスサーバーの状態を調べる

  1. lmtoolsの[Server Status]タブを選ぶ
  2. [Performe Status Enquiry]ボタンをクリックする
  3. 実行結果の最後の行がUsers of xgeom: (Total of 1 license issued; Total of 0 licenses in use)になっていれば,ライセンスサーバーは正常に動作している.