Japanese Documents
Simplified Co-calibrated Ports

   Simplified co-calibrated portは +極がboxの内側の多角形導体の端に接続され, -極が複数の誘電体層を貫いて接地導体に接続されているような co-calibrated portの特別な場合です. simplified co-calibrated portは導体多角形に置かれ,そしてさらに他の導体多角形の上に置かれるかもしれません. これによりこのportは多角形導体の閉じた場所にも置くことができます.

注意:simplfied co-calibrated portはこれまでのSonnetで auto-grounded portと呼んでいたportです. simplified co-calibrated portは,通常の co-calibrated portほどの精度はありません. 多くのモデルでは,co-calibrated portは解析時間への影響は殆どありません. しかし,一部のモデルではco-calibrated portde-embeddingに時間がかかることがあります. そのような場合, co-calibrated portより 多少精度に劣ってもより早い Simplified co-calibrated portを使いたくなるでしょう. ただし,Simplified co-calibrated portde-embeddingではport間の不要結合が反映されません.

Edge of Metal Polygon is Lossless

Simplified co-calibrated portboxの内側の多角形導体の端に置くことができます. その多角形導体の損失に制限はありません. しかし,解析時には,そのportが置かれた多角形導体の端に沿って無損失の導体が自動的に配置されます. 多くのモデルではこれは結果に極めて小さな影響しかありません. もし,しかし,そのportが非常に損失の大きい多角形導体,例えば厚膜抵抗に置かれていれば,結果にそれなりの影響が現れるでしょう.

Using Negative Port Numbers with Simplified Co-calibrated Ports

Simplified co-calibrated portに負のPort Numberを設定することができますが,特別な配慮が必要です. 2つのsimplified co-calibrated port (+n と -n)は,番号によって関連付けられてはいますが,別々にde-embeddingされるので,port間の不要結合は考慮されず,それによる精度の劣化があります. これらのportは別々にde-embeddingされるため, port impedance Z0はあくまで単独のportに接続された線路の特性インピーダンスです.de-embeddingには差動線路のための構成標準軌は含まれません. 最後に, 参照面シフト長を設定すると結果に好ましくない影響を与える可能性があります. なぜなら,参照面シフトはあくまで別々にde-embeddingされた2つのportにそれぞれ行われ,差動線路に対して行われるのではないからです.

Copyright © 2019 by Sonnet Software, Inc. All Rights Reserved.