Japanese Documents
Known Bugs

Diagonal Fillを使った斜めの導体が断線する

細い斜めの導体にDiagonal Fillを使用している場合,Sonnetは誤ったサブセクション化を表示し,解析の段階では断線している可能性があります.Sonnetのサブセクションビューア(またはemvu)内で見たときには正しくサブセクションが配置されているように見えるにもかかわらず,解析後のSパラメータ(および電流密度)はそこが断線しているかのような結果を返します. 次の例では,ポート1は狭い対角線でポート2に接続されており,何も問題はなさそうです.

あるいはまたCircuit-Estimate Memoryでも問題はなさそうです.

ところがこれらは実際には動作せず,回路を断線させます.Circuit-Check Connectivityでも検出できない可能性があります.

How to Detect The Problem

問題があるかどうかを検出するには,サブセクションを見て1セル幅の対角線領域(水平または垂直)が表示される場合は,問題があります. 以下の例では,「狭い」とマークされた領域が問題を示しています.

下図の例では,2セル幅なので,問題ありません.

 対角線方向ではなく,常に水平方向または垂直方向に測定することを忘れないでください.

Possible Workarounds

この問題を回避する1つの方法は,より小さなセルサイズを使用することです. 上記の例では,セルサイズの半分を使用すると問題が解決します. あるいは,より広い線を使用することもできます.

訳注:Diagonal FillでなくStaircase FillConformal Meshを使うほうが良いでしょう.デフォルトのStaircase Fillを斜めの導体に使用するといかにも精度の悪そうな形状が表示されますが,解析精度はDiagonal Fillと殆ど変わらず,解析時間は早いです.斜めや曲線の導体が非常に重要な要素の場合はセルサイズを細かくした上でConformal Meshを使ってください.


英語以外のオペレーティングシステムにインストールする場合の複数のエラー

Symptoms

2バイト文字セット(DBCS)(アジア言語システムで最も一般的)または拡張ASCII特殊文字(つまり,ä,ü,またはñ)を使用すると,ソフトウェアをインストールまたは実行しようとすると複数のエラーが発生します. 2バイトまたは拡張ASCII文字を含むパス名,ファイル名,またはユーザー名は処理できません.

Cause

これは,DBCSまたは拡張ASCII文字を読み取れない原因となっているソフトウェアの既知のバグによるものです.

Workaround

このバグはバージョン17.52.2で修正されました. DBCSまたは拡張ASCII文字を使用しているお客様は,バージョン17.52.2にアップグレードすることをお勧めします.

KBref #12469


2バイト文字セット(DBCS)を使う場合の制限

Version 17.52.2

以下にリストされている制限はすべて、DBCSが正しく表示されない可能性があることを除いて、バージョン17.52.2で修正されています。 これで、すべてのパス名、ファイル名、インストールディレクトリでDBCSを使用できます。 DBCSを使用する場合、Sonnetはバージョン17.52.2のインストールを推奨しています。

訳注:2バイト文字セットに関連する問題は,様々な標準化や国際化のための(私が知る限り30年以上に及ぶ)多方面の努力にも関わらず2019年の現在でもなお欧米で製作されたソフトウェア製品につきまとっています.

Version 17.52.1

2バイト文字セット(DBCS)を使用する場合、いくつかの制限があります(アジア言語システムで最も一般的)。

  • プロジェクトのパスとファイル名に2バイト文字が含まれているとリモートサーバーは使えません.2バイト文字を含むパス名またはファイル名は処理できません。 また、emserverが実行されているシステム(リモート分析サーバー)のホスト名に2バイト文字を含めることはできません。

ローカルマシンとリモートサーバーの両方のソフトウェアインストールディレクトリは、2バイト文字を使用できます。ローカルで実行する場合、問題は発生しないことに注意してください。

  • SonnetはDBCS文字が正しく表示されるように努めていますが、文字の外観が間違っている場合があります(たとえば、文字の代わりに黒い長方形が表示される)。 キャラクターの見た目が悪い場合は、Sonnet Softwareの担当者に報告して、問題を将来のリリースで修正できるようにしてください。

Workaround

リモートサーバーを使用するか、プロジェクトをパックする場合は、Sonnetプロジェクトのパス名とファイル名に2バイト文字が含まれていないこと、およびリモート分析サーバーのホスト名に2バイト文字が含まれていないことを確認してください。

KBref: #12469


Far Field Viewer がない

Far Field Viewerは17.52では使用できませんが,もうすぐ17.54バージョンに含まれる予定です. それまでfarフィールドを表示するには,次の手順を使用します.

V16は,V17.52と同じコンピュータにインストールできます. V17のライセンスファイルは両方のバージョンのソフトウェアを有効にできます. この手順を使用するには,両方のバージョンをインストールする必要があります.

訳注:V16以前には複数のバージョンを同時にインストールすると意図せず異なるバージョンのプログラムを混同してトラブルを起こすことが頻繁にありました.これはV16以前のバージョンの外観がバージョン間で全く同一だったからです.V17ではユーザーインターフェースと外観が全く変わったのでユーザーは今どちらのバージョンを使っているかを明確に知ることができます.

1._解析には必ず[電流計算]オプションを選択して,17.52バージョンのソフトウェアで回路を作成して解析してください.

このオプションは,Far Field Viewerに必要なデータを作成します.

2._Project EditorタブのメインメニューからFile-Export-16.52Projectを選択して,解析したプロジェクトをV16のファイル形式で出力します.

このプロジェクトは,リリース16のどのバージョンとも互換性があります.16.52,16.54,または16.56. オリジナルを上書きしないように,リリース16プロジェクトの名前はリリース17プロジェクトとは異なる名前にする必要があります. プロジェクトを以前のバージョンにエクスポートすると,バージョン17.52に含まれていてリリース16には含まれていない機能が失われる可能性がありますが,17.52分析によって生成された現在の密度データはまだプロジェクトで使用できます.

3._V16を起動し,SonnetタスクバーのView Far Fieldボタンをクリックしてください.

4._表示されるポップアップメニューで,Browse for Projectを選択してから,V16のプロジェクトを選択します.

回路に変更を加える必要がある場合は,バージョン17.52のプロジェクトに戻って回路を編集してからこれらの手順を繰り返し,バージョン17.52で分析した後に再びリリース16のプロジェクトにエクスポートする必要があります.


利用可能な最大スレッド数が予想より少ない

Symptoms

Sonnet AdministrationダイアログボックスのThreadsページには,Sonnet分析に使用するスレッドの最大数を選択できるドロップリストがあります. スレッドの最大数は,システムで使用可能な論理プロセッサの数に対応する必要がありますが,システムに64個を超える論理プロセッサがシステムに含まれている場合,予想よりも少ない数が返され 数.

Cause

これは,Windows OSによって作成されたプロセッサグループの1つのみを読み取っているソフトウェアの既知のバグによるものです.

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBRef #12477


VPNを介してリモートサーバー上で実行されている大規模プロジェクトのジョブが通信エラーで終了する

Symptoms

VPNを介してリモートサーバー上の大規模プロジェクトを分析すると,分析ジョブが接続損失エラーで終了することがあります.

Cause

これは,回路の行列解析時間が15分を超えると通信エラーが発生することを報告するソフトウェアの既知のバグによるものです. 分析は実際にはまだリモートプロセッサ上で実行されていますが,通信の喪失が報告されたためにクライアントマシン上で終了します.

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBRef #12425


サブセクションを表示しようとすると,ライセンスエラーメッセージが表示される

Symptoms

Circuit-Estimate Memoryコマンドを使用してView Subsectionsボタンをクリックするか,View-View Subsectionsを選択して回路のサブセクションを表示しようとすると,emvuライセンスがないためビューアは開きません.

Cause

これはサブセクションビューアを開くためにemvuライセンスをチェックアウトするソフトウェアの既知のバグによるものです. ビューアを実行するためにライセンスは必要ありません.

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBRef #12480


複数のパラメータがあるとき指定されたすべてのパラメータの値で解析されない.

 

Symptoms

複数のパラメータースイープが指定されている場合、分析は指定されたスイープのすべてを実行しません。

Cause

これは、入力された最初のパラメータースイープのみを使用するソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBref: #12479


曲線を削除してから新しいプロジェクトを追加すると、Response Viewerがクラッシュする

Symptoms

Response Viewerのグラフで複数のプロジェクトを操作している場合、曲線を削除してから新しいプロジェクトを追加すると、ソフトウェアがクラッシュすることがあります。

Cause

これは、ソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBref: #12483


コンフォーマルメッシュサブセクションがサブセクションビューアーに正しく表示されない

Symptoms

コンフォーマルメッシュサブセクションは、サブセクションビューアーに正しく表示されません。 コンフォーマルメッシュサブセクションの側壁は表示されますが、コンフォーマルメッシュサブセクション間の分割線は表示されません。

Cause

これは、ソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

KBref: #12566


"Unable to completely unpack project file" というエラー

  

Symptoms

Linuxクライアントからリモートサーバーで分析を実行すると、「プロジェクトファイル '< プロジェクト名>="">を完全に解凍できません」というエラーメッセージが表示されます。 このメッセージは、分析プロジェクトが次のような別のSonnetプロジェクトを参照するABSスイープを実行しているときに起こります。

  • Using a Sonnet project component
  • Using a data file component
  • A netlist that has subprojects.
  • Using an external Sonnet Technology File (STF)

Cause

これは、エラーを誤って報告するソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

メッセージを無視してください. このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBref: #12594


Response ViewerまたはProject Editor3Dで印刷できない.

  

Symptoms

Response ViewerまたはProject Editor3Dで印刷できない.

Cause

この関数は、リリース17ではまだ実装されていませんでした。

Workaround

このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBref: #12601


Project Editorで、Shift +矢印キーを使用して選択したポイントを移動しても機能しません。  

Symptoms

Project Editorで、Shiftキーを押したまま矢印キーを使用して、選択したポイントを移動できます。 矢印キーを押すたびに、選択したポイントが矢印の方向に1セルずつ移動します。 ところがShift+矢印キーを使用すると、選択したポイントは移動しません。

Cause

これは、ソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBref: #12260


マウスオーバーすると、現在表示されている金属レベルだけでなく、他のレベルのポリゴンの情報がポップアップ表示されます。

  

Symptoms

カーソルが現在表示されている金属レベルのポリゴンの上にない場合でも、ポリゴンの上にポップアップが表示されます。

Cause

これは、現在表示されているものとは異なる金属レベルのポリゴン上にカーソルがあるときに、ホバーオーバーポップアップが表示されるソフトウェアの既知のバグによるものです。 ポップアップは、現在表示されているレベルのポリゴンに対してのみ表示されます。

Workaround

このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBRef: #11515


[ポイントの編集]モードでは、[ポイントの追加を許可する]チェックボックスをオンにしても、選択時にポイントを追加できません。

  

Symptoms

edit pointで、Allow adding pointsチェックボックスを選択すると、ポリゴンセグメントをクリックしてポイントを追加できます。 チェックボックスが選択されている場合でも、ポイントの追加が許可されない場合があります。 また、チェックボックスの状態は、次にポイント編集モードが呼び出されたときに保持されません。

Cause

これは、ソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

チェックボックスを一旦offにし,再びチェックボックスを入れ直すと問題を回避できます. このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBRef: #12492


PI Modelの出力ファイル形式が間違っている

Symptoms

PIモデル用に作成された出力ファイルが破損しています。 これはすべての出力形式に影響します。

Cause

これは、ソフトウェアの既知のバグによるものです。

Workaround

このバグはバージョン17.52.2で修正されました.

KBRef: #12674


Copyright © 2019 by Sonnet Software, Inc. All Rights Reserved.