Japanese Documents
What's New in Release 17.52.1?

Version 17.52.1

以下の既知のバグはバージョン17.52.1で修正されています.

  • 英語以外のオペレーティングシステムにインストールする場合の複数のエラー
  • 利用可能な最大スレッド数が予想より少ない
  • VPNを介してリモートサーバー上で実行されている大規模プロジェクトのジョブが通信エラーで終了する
  • サブセクションを表示しようとすると,ライセンスエラーメッセージが表示される

複数のパラメータセットがある場合,Emは指定されたすべてのパラメータ値でシミュレーションを行いません : 複数のパラメータスイープが指定されている場合,指定されたすべてのスイープを実行しません.このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

Response Viewerでグラフ内の複数のプロジェクトを操作しているときに,曲線を削除したり新しいプロジェクトを追加したりすると,ソフトウェアがクラッシュすることがありました.このバグはバージョン17.52.1で修正されました.

このバージョンには他の多くのバグ修正が含まれています.詳細はリリースノートをご覧ください.

Version 17.52

以下はSonnetのバージョン17.52の主な新機能の要約です.いくつかの機能はSonnet Professional Suiteでのみ利用可能です.

新しく再設計されたインタフェース

Release 17はSonnet Softwareのための新しい,さらに直感的なインタフェースを導入し,ウィンドウはほぼ無限の柔軟性を提供します.Sonnetウィンドウ内または別のウィンドウ内の任意の場所にコントロールを配置して,作業環境に合わせてデザイン環境を構成することができます.Sonnetウィンドウの設定に関する詳細はReconfiguring Sonnet Windowsを参照してください.

タブウィンドウ

実行中のすべてのモジュールが別々のタブに表示されるので,ユーザーは設計プロセスのさまざまな部分をすばやく移動できます.タブは必要に応じて並べ替えたり,独自のウィンドウに移動したりできます.その後,ユーザーの判断でメインウィンドウに追加し直すことができます.

Session Manager

Sonnetセッションウィンドウでは,Sonnet Softwareのすべてのモジュールへのアクセス,プロジェクトファイルの管理,ヘルプやSonnetサンプルファイルへのアクセス,そしてさまざまな管理タスクへのアクセスが可能です.メインセッションタブには,セッション内で現在開いているものすべてを表示するセッションマネージャが含まれています.これを使用して,セッションの要素を簡単に管理し,モジュール間を移動できます.セッションマネージャはSonnetの各モジュール内にデフォルトで表示されます.

Sonnetを終了するとセッションは自動的に保存されるので,次回ソフトウェアを実行したときには開いているすべてのタブが再び表示されます.セッション設定を手動で保存して読み込むこともできます.詳細はFile-Sessionを参照してください.

パフォーマンスの向上

デスクトップソルバー(DTS)のスレッド数は8に増え,ハイパフォーマンスソルバー(HPS)のスレッド数は64に増えました.

Sonnet EM Co-Simulation(SEC)

Release 17では,ADS Analog / RFシミュレーションエンジン内からEM Co-Simulationを実行できるようにする,SonnetのADS用EM Co-Simulation(SEC)が導入されました.ADS回路図内に配置されたSECコンポーネントは,Sonnet EMシミュレーションを起動し,ユーザーがADS設計環境からパラメータ化されたSonnetプロジェクトを調整または最適化することを可能にします.SECコンポーネントの使用に関するチュートリアルについては,Sonnet EM Co-Simulation(SEC)Tutorialを参照してください.

Sonnet Technology File(STF)

リリース17では,Sonnetインターフェースとトランスレータ用のSonnet technologyファイルが導入されています.このファイルには,スタックアップに必要なすべての情報が格納されています.このファイルは,Sonnet素材ファイル(*.matl)を置き換えることを目的としています.このリリースでは両方のファイル形式がサポートされていますが,今後のリリースでは古い素材ファイル(*matl)は徐々に廃止される予定です.

メタルバイアス

新しいSonnet Technology File(STF)は,特定の市販技術向けのPDKモデルの開発に使用されています.解析エンジンemの機能強化に加えて,新しいSTFファイル形式により,解析中の製造効果を考慮して,ファウンドリからのメタルバイアスデータを含めることができます.あなたのプロセスが現在サポートされているかどうかを調べるか,またはサポートを要求するには,info@sonnetsoftware.comに連絡してください.

ポートの機能強化

Release 17では,ポートの作成およびモデル化が改善されました.ポートタイプは,正しいポート配置に関する即時のフィードバックとともに,回路内のポートの配置に基づいて自動的に割り当てられます.このリリースでは,新しいタイプのポート,delta gap portが導入されました.delta gap portは,隣接する2つのポリゴン間に配置されたバージョン16の標準ポートと同じ機能を持ちます.ローカルグランドポリゴンの割り当て,単一のポートへの複数の番号の割り当て,ポートの極性の制御など,ポートにいくつかの機能が追加されました.詳細については,Sonnet User's GuidePortsを参照してください.

回路にポートを追加しているときは,カーソルの現在位置に追加されるポートのタイプに基づいて,カーソルの外観が変わります.回路のポートを表すために新しいポート記号も使用されています.詳しくは,Insert-Portを参照してください.

スイープ

解析スイープを設定するためのより強力で効率的な新しい実装があります.詳細については,Circuit SettingsダイアログボックスのSweepsページを参照してください.

Response Viewerでの新しい表示パラメータと関数

カーブを管理するための新しいインターフェースと組み合わせた,Response Viewerで利用できる新しい表示パラメータとと定義済みの関数がいくつかあります.詳しくはGraph-Manage Curvesをご覧ください.

Response Viewerでのチューニング

プロジェクト内の変数の値を変更して効果をインタラクティブに確認できるようになりました.詳しくはGraph-Tuneを見てください.

Job Queues

新しいJob Queuesタブが以前のAnalysis Monitorに代わって解析を制御監視します.Job Queuesを使用して,後で分析するためにジョブを設定したり,すぐに分析ジョブを実行したりできます.セッション内に複数のJob Queuesを定義できます.

Remote Server Setup

Setting up remote servers has been streamlined and simplified with an intuitive interface. Please see the Remote em Computing manual for information on setting up remote servers.

remoteEMの設定

リモート解析サーバーの設定が直感的なインターフェースで合理化され簡素化されました.詳細はRemote em Computingのマニュアルを参照してください.

Copyright © 2019 by Sonnet Software, Inc. All Rights Reserved.