Japanese Documents
Create a Calibration Group Manually

   デフォルトではCo-calibrated portは自動的に他のCo-calibrated portとともにcalibration groupに設定されます. しかし手動で Co-calibrated portcalibration groupに割り振ることもできます. 手動で構成した calibration groupは自動的に構成された calibration groupを上書きします.

手動で calibration groupCo-calibrated portに関連付けるには次のように操作します.

1._calibration groupに関連付けたいCo-calibrated portを選択します.

選択されたCo-calibrated portは強調表示されます.

2._メニューからObject-Port Propertiesを選びます.

Port Propertiesダイアログボックスが開きます. このダイアログボックスは portの上で右クリックして開くポップアップメニューからPort Propertiesを選んで開くこともできます. 複数のportを選んでいるならport numberMixedと表示されるでしょう.

3._calibration group nameのリストからcalibration groupの名前を選びます.

名前は自動的に生成されています. もし新しい calibration groupを作りたいなら,リストの最初の名前を選んでください. もしすでにある手動で定義された calibration groupCo-calibrated portを加えたいなら,リストからその名前を選んでください.

4._リストからground referenceを選びます.

AutoBox CoverPolygon PlaneそしてFloatingの選択肢があります. これらの意味についてはCalibration Group Propertiesを参照してください.

5._リストからTerminal Widthを選びます.

Terminal widthは電気的な接触の幅で, Feedline WidthOne Cell,そしてUser Definedのどれかを指定できます. これらの意味についてはCalibration Group Propertiesを参照してください.

6._必要ならReference plane(基準面)を設定します.

詳しくは Reference Planes and Calibration Lengths for Co-calibrated Portsを参照してください.

7._設定が終わったらOKボタンでダイアログボックスを閉じます.

ダイアログボックスが閉じられ, calibration groupの表示が更新されます. これで 手動の calibration groupの構成が終わりです.

Copyright © 2019 by Sonnet Software, Inc. All Rights Reserved.